暑い日には揚げ物をうまく使って原価を調整しましょう!

気温がグングン上がる日が続く昨今、汗をかいて頑張った1日の終わりはやっぱり

生ビール!

汗をかいて頑張った後のキンキンに冷えた生ビールは最高ですよね~。私などはほぼこの一瞬のために一日頑張っているような気さえしてきます(笑)。

さて、その生ビールはもちろんこの時期よく売れるとは思いますが、どんなにキンキンに冷やしてもなかなか差別化が難しく利益も取りにくい商品。だからこそ、そのコールドドリンクと一緒に注文して頂きやすい食材で利益調整をしっかりとしていきましょう。

8月の売上データを見ていても、特に顕著な伸びを示しているのが揚げ物類。そこで今回は居酒屋応援隊自慢の揚げ物特集です。

【がすえび唐揚】

日本海で水揚げされる海老です。日本海のエビと言えば甘えびが有名ですが、こちらの地元では甘えびと同じかそれ以上の甘さがあると評価の高い海老です。ただ、見た目が茶色いことと、鮮魚流通をするとすぐに色変わりをして黒変が出ることからなかなか産地以外には流通していませんでした。最近では北陸発の高級回転寿司屋さんなどでもガスエビを見かけるようになりましたので、少しずつは知名度も出てきています。唐揚げ粉をまぶしてありますのでお店では冷凍庫から取り出してそのまま揚げて頂くだけです。珍しい海老ということで利益も取りやすいアイテムとして細々とご注文を頂いておりましたが、最近は徐々にご注文の量も増えてきています。

ご注文は「ガスエビ唐揚げ」の詳細ページから。

【豆アジ唐揚げ】

頭から食べても口にかからない豆サイズ(要は一口サイズの大きさ)のアジを粉付けしてあります。居酒屋さんの定番メニューのひとつですよね。春先から初夏にかけてアジが成長するのですが、この食べやすいサイズになるのは年間を通じてほんの一瞬。その時期に水揚げした豆アジを急速凍結して保管し、在庫状況を見ながら粉付け、IQF凍結(いわゆるバラ凍結。1尾ずつ取り外せる)して商品化しています。唐揚げ粉も付いていますので、お店では冷凍庫から取り出して揚げるだけ。少し手を加えて南蛮漬けにして頂いても涼しげで美味しいですよ~。

ご注文は「豆アジ唐揚げ」の詳細ページから。

【はたはた唐揚げ】

脂が乗っていてそれでいて価格的にもリーズナブル!と優等生的存在のハタハタ。頭と内臓を処理した「ドレス」と言われる状態で唐揚げ粉を付けてあります。はたはたと言えば知名度もあり、干物などで高級なイメージもありますのでメニューに書いておくだけで注文が取れ、しかも意識して仕入れないとなかなか思い浮かばないメニューということで人気の商材です。今シーズンは唐揚げにできるような小型のハタハタが大不漁のため、原料が再入荷するまでは在庫限りとなります。

ご注文は「はたはた唐揚」の詳細ページから。

【えいひれ唐揚げ】

エイひれは北陸でも昔から煮付などでよく食べられる食材で、こちらではスーパーなどでも一般的に売っています。エイひれの特徴はなんといってもその軟骨。細長い軟骨がヒレ全体に張り巡らされています。この商品はそのエイのひれを一口サイズにカットして唐揚げ粉をまぶしてあります。エイひれは身もきれいな白身ですので揚げて頂くとホクホクして美味しい!軟骨のコリコリとした食感も癖になります。唐揚げ粉がついていますのでそのまま唐揚げとして提供して頂いても十分美味しいですし、少し洋風にチリソースなどを添えて提供して頂いても喜んで頂けるようです。

ご注文は「えいひれ唐揚げ」の詳細ページから。

【めぎす唐揚げ用ドレス】

日本海ではよく水揚げされる小魚・メギス。脂も旨味もある魚でしかも価格もリーズナブルなのがうれしい魚です。北陸地方の学校給食ではよくこのメギスがフライとして提供されており子供たちにも人気のメニューです。今回は頭を取って10㎝前後のものを集めてIQF凍結(いわゆるバラ凍結)しました。この商品には唐揚げ粉がついておりませんが、お店の味に合わせて唐揚げ粉、片栗粉等をまぶして揚げてください。食べやすいサイズでコールドドリンクのお供としては最高ですよ。人気の「ハタハタ唐揚げ」が漁獲不足のため在庫限りとなっておりますが、代わりに是非お勧めしたいのがこの商品です。脂・旨味ともハタハタにも負けませんよ!しかもお値打ち!

ご注文は「めぎす唐揚げ用ドレス」の詳細ページから。

【甘えび唐揚げ】

ご存知!甘えび唐揚です。揚げ物と言えばポテトフライや鶏のから揚げが代表的なものになるのでしょうが、海産物系の揚げものならばイカフライやこの甘えびの唐揚げは外せません!この原料は北陸産ではなく輸入物なのですが、1尾ずつ丁寧にツノを折ってあり、粉も丁寧にまぶしてありますので使って頂いたお店様からのリピート率がとても高い商品です。もちろん、甘えびなので噛めばジューシーな甘みが口の中に広がります。いちいち説明しなくてもメニューに表示しておくだけでお客様にも理解して頂きやすく注文も頂ける、というのは人材難が共通の悩みでもある飲食業界にとっては頼もしい存在ですよね。もし貴店がまだこの商品を導入されていないようでしたら是非ご検討ください。すぐに結果が出る食材ですよ!

ご注文は「甘えび唐揚げ」の詳細ページから。

【ゲンゲドレス】

日本海に生息する深海魚・げんげ(幻魚)。水魚とも呼ばれるほど表面が水分たっぷりのコラーゲンに包まれています。愛嬌のある顔をしていますが、ここは食べられないので頭と内臓だけ除去したドレス状態で製品化しています。深海魚なので骨自体は柔らかいのですが、少し大きめのものは背骨だけ取り除くか二度揚げして頂いた方が良いと思います。煮ものなどの具材としても使われますが、天ぷら商材としても評価の高い食材です。身は白身で脂もありますので干物としても流通している魚です。コラーゲン質の表皮もゼリー感覚で面白いですよ。小さめのものは写真のように素揚げとお塩で召し上がって頂くのも美味しいです。

ご注文は「ゲンゲドレス」の詳細ページから。

その他、まだまだご紹介したい揚げ物商品もありますが、ご興味のある方はホームページの商品一覧から「揚げ物」一覧をご覧くださいね。

夏場はコールドドリンクがよく売れますが、居酒屋応援隊の商品群では「熱中症対策食材」もここ数年売り上げを伸ばしてきています。
詳しくは下の特集記事を併せてお読みくださいね!

夏の暑さにも絶対に負けない!暑いからこそ売れる食材大特集!~弊社売上データから紐解く「売れる食材」~