昨日のエントリーでシマホッケの原料を見つけましたよ~、という御紹介をさせて頂きましたが、本日はその続編です。
https://izakayaouentai.co.jp/blog/news/961/

昨日も御紹介した見るからにいい面構えをしたシマホッケちゃん
20130901 (36)

1尾900gでした。こんなに大きいのは抱卵しているからなのかな、とも邪推していたのですが、お腹を開けてみたところ卵はなく、ウロコ、エラ、内臓を除去して頭ごと開いた段階で700g残りました。仕入先に聞いても漁獲は抱卵期ではないとのことで一安心。
20130901 (53)

ここから干物にすると10~15%重量が減るので、600g前後の干物ができると予想されます。ザックリとしたお値段ですが、一夜干しにして650円~700円/枚になります。仮に食材原価率30%程度とすると、お店での売価が2000円前後になる計算でしょうか。

20130831 (61)

確かに見るからに脂ギットギトな魚なので、私個人的には居酒屋さんに飲みに行ってこれが2000円くらいで出て来ても文句は言わないだろうな、とは思うのですが、家内から「こんなに食べ切れるん?」という素朴な意見もあり、確かになぁ~とも思います。

それに、超高級魚のどぐろで作った大型商品
20130422 (74)「のどぐろセンターカット」
https://izakayaouentai.co.jp/blog/news/428/
https://izakayaouentai.co.jp/item/view.cgi?no=214

や、一部の御要望にお応えして作った
20130424 (1)「のどぐろ一夜干し(大)」
https://izakayaouentai.co.jp/blog/news/501/
https://izakayaouentai.co.jp/item/view.cgi?no=215

も売れるには売れているのですが、やはり予算的にそうそう使える金額帯ではないみたいで「使いたいんだけどなぁ~」といったお声はよくよくお聞きします。

のどぐろでこんな状態なんやから、いくら脂が乗っていると言ってもシマホッケやしなぁ~、ということで、今回は半身(センターカット)にしてみました。

20130831 (73) 20130831 (74)
今回は包丁で2枚卸にしたので片身300gと400gになりましたが、食品用チェーンソーで切れば恐らく350gずつくらいにはなりそうです。

20130831 (82)

半分にしても身は脂ギトギトでいかにも美味しそう!
(当たり前ですが・・・)

これならザックリしたお値段で1枚350円くらいにはできそうです。
※正式には後日ご案内させて頂きます。

片身だけ試食してみましたが、我が家の家庭用魚焼き機でギリギリの大きさ!
20130902 (10)←さんま用の長い皿でもはみ出します!

やっぱり予想通り脂もノリノリ♪
20130902 (40)

最高の商品に仕上がりそうです。
残念なのは脂のある魚なので原料が長期保管できない(ヤケてしまう可能性があるため)と言う点ですかね~。

近日のデビューご案内をお見逃しなく!

~~~~~~~~~~~~~~
ホッケならお任せ!金沢直送 居酒屋応援隊®
https://izakayaouentai.co.jp/