北陸の海に泳いでいないのに金目鯛(キンメダイ)製品が得意な理由。

北陸・日本海の海産物を中心に取り扱っている「金沢直送 居酒屋応援隊」ですが、実は金目鯛を使った冷凍加工品は以前からかなり得意としています。でも、お察しの通り北陸の海には金目鯛は泳いでいません・・・。

下の画像は初夏の「きときと鮮魚セット」に金目鯛らしい魚も入っていますが、これはキントキダイという別の魚です(金沢ではキンパチとかキンメと呼ぶこともありますが、本当の金目鯛とは違う魚種です。キントキダイについてはコチラに詳しく書いていました)。

北陸の海に泳いでいない魚なのに居酒屋応援隊が金目鯛製品に強い理由・・・。それは、

冷凍金目鯛をたくさん輸入している商社さんとのパイプが太いから!

上の写真の左側のダンディーな(?)男性が、その会社の杉浦社長です。応援隊長・柴田が大阪の水産輸入商社に勤務していた若かりし頃からいろいろと可愛がって頂いている「水産業界でのお父さん(お兄さん?)」的存在の方です。金目鯛の仕入れに限らず、加工メーカーさんや問屋さんにも顔が広く、杉浦社長のおかげで増えた取引先様もかなりあります。

そんな杉浦社長の会社で一番の取扱商品が「金目鯛」。最初の頃は杉浦社長への義理で取り扱っていたのですが、お客様からの評判もとても良くいつの間にか主力商品のひとつとして居酒屋応援隊の中で確固たる地位を築く商品になりました。


↑ニュージーランド産の金目鯛ドレス原料。これを切身加工して西京漬けなどにします。

居酒屋応援隊の西京漬シリーズは宴会などのコースメニューを中心にどれも人気が高い商品ですが、中でも金目鯛西京漬はダントツの人気です。

・鮮やかな赤い皮目
・程よい脂のノリがあるきれいな白身
・高級魚としてのブランド力

など、人気の理由はいっぱいある魚ですもんね!

魚価や人件費の高騰、水産資源の減少など、今後も厳しい環境が続くとは思いますが、今後も使いやすい商品で飲食店様の経営を応援し続けられるように頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です